全国学力・学習状況調査から見る滋賀の子ども

確かな学び豊かな学び滋賀の学び

滋賀県学力向上委員会

滋賀県教育委員会

学校改善アクションプラン(H21〜H24)推進協議会 算数・数学調査部会
学力向上アプローチ事業(H25〜)推進協議会 算数・数学部会

○取組の概要

 平成19年度から25年度の7年間の全国学力・学習状況調査では、記述式の問題として「事実」、「方法」、「理由」を説明することが問われました。評価する記述内容は、今後の算数・数学科の指導で求められる方向につながるとされています。そこで、主として「活用」に関する問題を参考にしながら、指導改善の方向を探りました。

 平成24年度は、指導例を活用した授業を工夫しました。単元の指導のポイントを明らかにするとともに、指導計画・評価規準表を作成し、県内の4つの中学校で公開授業を行いました。
 平成25年度から、学力調査の結果を基に、付けたい力を明確にした評価問題の作成を通して、授業改善の方法を研究し、学力向上へのアプローチを図っています。

○平成26年度 学力向上アプローチ事業 研究指定校のまとめ

○平成25年度 学力向上アプローチ事業 算数・数学部会作成 評価問題(PDF)

○平成25年度 学力向上アプローチ事業 算数・数学部会(PDF)

○平成24年度 授業改善・調査部会算数・数学部会(中学校)「実践事例集」(PDF)

○平成24年度 新しい指導の視点を取り入れた授業実践例(中学校)

○平成23年度 授業改善算数部会(小学校)「実践事例集」(PDF)

○平成23年度 新しい指導の視点を取り入れた授業実践例(小学校)


平成22年度 算数・数学調査部会(小学校・中学校)「実践事例集」(PDF)

平成21年度までの取組(次ページへ)


○授業改善のための指導例と評価問題、ワークシート(PDF)

 「資料」欄の*印から、ワークシートなどの再編集可能なデータ(ZIP圧縮)もダウンロードできます。

【小学校】

指導例等

内  容

対象

資料

「割引券」

「割合とグラフ」 D 数量関係

資料の数学的な解釈と判断の根拠の説明ができるために

(第5学年)

「けが調べ」

「表と棒グラフ」 D 数量関係

選択した情報の意味を読み取り,

     適切に表現できるために

(第3学年)

「たろうさんの買い物」

「式と計算の順序」 D 数量関係

事象を数学的に解釈し

     筋道を立てて考えることができるために

(第4学年)

「くじの当たりやすさ」

「割合とグラフ」 B 数量関係

資料の数学的な解釈と判断の根拠の説明ができるために

(第5学年)

「しきつめられるかな」

「面積」 B 量と測定

事象の数理的な側面に着目し

     振り返って考えることができるために

(第4学年)

「ネコにゃんショー」

「時こくと時間」 B 量と測定

情報の選択と判断の根拠の説明ができるために

(第3学年)

 

「牧場の牛」

「円の面積」 B 量と測定

日常の事象を数理的にとらえ,根拠を説明できるために

(第5学年)

 

「九九の表」

「かけ算のきまり」 A 数と計算

事象から規則性をよみとり,説明するために

(第2学年)

 

「ゆうきさんの体重」

「折れ線グラフ」 D 数量関係

資料の数学的な解釈と関連付けができるために

(第4学年)

 

【中学校】

指導例等

内  容

対象

資料

「厚紙と封筒」

「関数y=ax^2」 C 数量関係

事象の数学的な表現と

     その解釈ができるために

(第3学年)

「カレンダーの規則性」

「式の計算」 A 数と式

見いだした事柄が成り立つ理由を

     説明することができるために

(第2学年)

「キャッフィーの森」

「連立方程式」 A 数と式

情報の適切な選択と

     事柄が成り立つ理由の説明ができるために

(第2学年)

「出やすい印の出方」

「確率」 C 数量関係

事柄が成り立つ理由を

     筋道立てて説明することができるために

(第2学年)

「太郎さんの証明」

「図形の証明」 B 図形

与えられた方針にもとづいて証明することができるために

(第2学年)

「お父さんの携帯電話」

「一次関数」 C 数量関係

事象の数学的な解釈と

     問題解決の方法を説明することができるために

(第2学年)

 

「コンサートの料金」

「一次関数」 C 数量関係

事象を数学的に解釈し,

     問題解決の方法を説明できるために

(第2学年)

 

「角の大きさの秘密」

「図形の調べ方」 B 図形

筋道を立てて考え,方針にもとづいて説明するために

(第2学年)

 

「体積は変わるの」

「式と計算」 A 数と式

発展的に考え,予想した事柄を説明するために

(第2学年)