このページの本文へ移動
  1. トップページ
  2. 教育学習情報
  3. デジタル教材・素材
  4. 参考資料
  5. (教員向け)動画作成のためのページ

(教員向け)動画作成のためのページ

 「大阪府教育センター」より

パワーポイントやビデオ撮影での授業動画の作り方が公開されています。

授業動画等を作成されるときに、御参照ください。 

 

下記URLから御覧頂けます。 

http://wwwc.osaka-c.ed.jp/category/rinji/douga_sensei/index.html

  ( 大阪府教育センターのサイト利用について 

 

なお、作成・公開の際には以下の点に御留意ください。

 

《動画作成》

   ● 映っている資料等の著作権(教科書・イラストなど)

   教科書やプリントなど、資料を使った動画を作成されるときは、

       十分御留意ください。  

著作権法が一部改正され、授業目的公衆送信については、令和2年度に限り、補償金が無償となります。詳細は以下を御覧ください。

 

著作権法の一部を改正する法律(平成30年法律第30号)について

 https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/h30_hokaisei/

 

授業目的公衆送信補償金制度の早期施行について

 https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/92169601.html

 https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/pdf/92223601_01.pdf

 

「改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)」(著作物の教育利用に関する関係者フォーラム)

 https://forum.sartras.or.jp/info/004/

 https://forum.sartras.or.jp/wp-content/uploads/unyoshishin2020.pdf

 

参考資料  5分でできる著作権教育

 http://chosakuken.jp

  ● 出演者の肖像権・個人情報

   動画の出演者には、どのような方法で、誰に動画を公開するのか説明し、

   了承を得たうえで、撮影してください。

    ● 画面などへの映り込みによる情報漏洩

   大型モニタや電子黒板を利用する場合、画面(特に黒い部分)に撮影者などが

          映り込むことがあります。視聴者が気になるだけでなく、思わぬ情報漏洩につながる

          可能性があるので、十分御注意ください。

 

《動画公開》

  ● 動画公開の方法や範囲

   動画の公開については、期間や範囲、コメント欄の有無など、正しく設定してください。

   また、世界中の人に見られる可能性があることを理解したうえで、

          公開するようにしてください。

   例:Youtubeには非公開・限定公開・公開の3つの公開範囲が選べますが、

     限定公開でも、動画のリンクを知っているユーザーが視聴、共有できるので、

     十分に配慮する必要があります。

   ▶ 参考資料 YouTubeヘルプ 動画のプライバシーの設定 

       https://support.google.com/youtube/answer/3127309?hl=ja

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する問合せ先

    情報教育係

    ページトップへ

    お気に入り登録

    閉じる