このページの本文へ移動
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 令和2年度全国教育研究所連盟研究協議会(滋賀大会)滋賀県総合教育センター創立50周年記念

令和2年度全国教育研究所連盟研究協議会(滋賀大会)滋賀県総合教育センター創立50周年記念

 大会テーマ 「自律的に学び続ける教職員を支援する教育センターの在り方」

 

あいさつ

開会の挨拶(猪田所長)

全体会

全体会の様子

      

  令和2年11月20日(金)、当センターにおいて、「令和2年度全国教育研究所連盟研究協議会(滋賀大会)滋賀県総合教育センター創立50周年記念」を開催しました。全国の教育研究所・教育センター等から155名の御参加をいただき、おかげをもちまして、多くの成果を収めて終了いたしました。ありがとうございました。

 開会行事では、全教連 中川健朗委員長の主催者挨拶、開催担当機関として、当センター 猪田章嗣所長の挨拶がありました。

 

基調提案

基調提案(都賀次長)

基調講演

基調講演(藤江教授)

 

 続いて、当センター 都賀正樹次長から、「自律的に学び続ける教職員を支援する教育センターの在り方」について基調提案を行いました。

基調講演においては、東京大学大学院教育学研究科教職開発コース 藤江康彦教授から、「いま教師に求められる資質・能力と学びの在り方-これからの授業づくりと学校づくりを見据えて-」と題し、児童生徒の学びはもとより、教師の学びについても、「学ぶ側の論理」に立つことをはじめとした多くの御示唆をいただきました。分科会では、テーマごとに二つの分科会を設け、四つの会場に分かれて提言発表をいただいた後、研究協議を行いました。                                                                                                

 

分科会A 

テーマ:教員のキャリアステージに応じた研修・研究の在り方

助言 :国立教育政策研究所教育課程研究センター 

    基礎研究部総括研究官 二井 正浩

発表A―1

学び続ける教員のための「キャリアデザインノート」について

-指標に基づく資質・能力向上に向けた取組-

                                             岡山県総合教育センター 指導主事 太田 正浩

A-1

 分科会発表(A-1)

発表A―2

地域の教科リーダーを育成する講座の企画と運営について

-自主的な教科研究を促す制度づくりとその実際-

                                               新潟県立教育センター 指導主事 小林 一治

A-2

分科会発表(A-2)

分科会B 

テーマ:喫緊の教育課題・現場のニーズを反映した研修・研究の在り方

助言 :国立教育政策研究所 

    初等中等教育研究部総括研究官 白水 始

発表B―1

持続可能な幸福を育む学校づくり

-福井県版ポジティブ教育の全県的普及に向けて-

   越前町立城崎小学校 教頭 塚田 孝子(前 福井県教育総合研究所 主任)

B-1

分科会発表(B-1)

発表B―2

学習指導要領を踏まえた児童生徒の深い学びにつながる授業づくり

                                    滋賀県総合教育センター 研修指導主事 北村 拓也 

B-2

分科会発表(B-2)

 

 

研究協議の様子

 

研究協議3   研究協議2

 

 最後に、国立教育政策研究所 二井正浩総括研究官、白水始総括研究官から、分科会の総合講評として、自律的に学び続ける教職員を支援する教育センターの在り方について、学び手の視点を大切にしながら進めることで、自分事として自身の課題を解釈できるように促すこと等、御助言をいただきました。

(※全国教育研究所連盟加盟機関の方は、分科会における協議記録を全国教育研究所連盟HPから閲覧いただけます。)

 

 会場内には、いくつかの県立学校から、すばらしい生徒作品の展示等の御協力をいただきました。また、参加者への記念品も作成いただきました。ありがとうございました。 

 

 

 

膳所高 湖南、信楽 湖南農業2
膳所高等学校の生徒作品 湖南農業高等学校・信楽高等学校の生徒作品

 

長浜養護学校・三雲養護学校・盲学校

生徒の手づくりによる記念品

野洲養護学校の生徒作品 草津養護学校の生徒作品

           

〇参加された加盟機関等の皆様からの感想

 ・教育センターの役割を再確認でき、とても有意義な学びをいただきました。

 ・最後の二井総括研究官、白水総括研究官の総合講評で他の分科会のことがよくわかり、非常に勉強になりました。

     本市への研修へ生かしていきたいです。

 ・コロナ状況の中、きめ細やかに対応してくださったこと、深く感謝いたします。本当にありがとうございました。

 ・県内の生徒さんの作品がとても印象的でした。特に、全体会でのステージ上の花は、圧倒的でした。

                                

  滋賀県のイメージキャラクター、キャッフィーとチャッフィーも参加者の皆様をお出迎え、お見送りしました。

 

                                   キャッフィー

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する問合せ先

    学ぶ力向上係

    ページトップへ

    お気に入り登録

    閉じる